必見!まつげカーラーの使い方やコツを紹介!

 

顔の印象を大きく左右するパーツと言えば目元や眉になりますが、眉は描き方次第で印象を変えやすいのに対して、目元はアイシャドウやまつ毛、アイライナーとメイクアップのテクニックが必要なパーツになり、目を引くような印象的な目元を作るのは容易なことではありません。

 

そして実際に、アイメイクが難しいと思っている女性は多く存在します。

 

 

中でも、まつ毛はエクステやつけまつ毛といったアイテムがあるように、演出ひとつで印象をガラッと変えてしまいます。

 

実際、まつ毛が上向きにカールしているだけでも、目はパッチリ大きく見えるんです。

 

ただ、日本人のまつ毛は短くて下向きに生えていることから、上手にまつ毛を演出するのは至難の技。

 

そこで、上手なまつげカーラーの使い方をマスターして、誰もが羨むような美しい目元を手に入れましょう。

 

 

★@

小刻みに円を描く。まつげカーラーを根本にしっかり密着させて、そこからくるっと円を描くようなイメージで小刻みにぐっと挟んでいきます。

 

注意点としては、引っ張り上げないことです。まつ毛はナイーブです。
強い力で引っ張るとすぐに切れたり、抜けたりしてしまいますので、引っ張らずにその都度挟み込みましょう。

 

 

★A
鏡は下から映す。手鏡で下から映すことで、視線が自然と下に落ちます。
そうすると、カーラーが根本にぐっと入り込み易くなり、1の手順がやりやすくなります。

 

 

★B
カールが維持できない時にはドライヤーを活用。
ドライヤーで軽くカーラーを温めてから使用することでまつ毛に型が付きやすくなります。

 

手で触って熱くなければ火傷する心配がありませんので、まつ毛に当てる前に必ず温度を確認してからしましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

今まで上手くまつ毛をカールできなかった方でも上記の方法であれば意外と簡単に理想的なまつ毛カールを手に入れられるかもしれません。

 

 

コツさえ掴めば美しいまつ毛はあなたのものです。

 

まつ毛美人を目指して是非実践してみて下さい。

 

 

それから、毎日するメイクでまつ毛も疲労ぎみになっているケースがよく見受けられます。

 

まつ毛が疲れていたら美しいアイメイクは成り立ちません。

 

まつ毛のケアも怠らず、まつ育もしっかりしましょう。

 

 

つけまもマツエクも卒業!
手間なしで簡単にまつ毛ケア
デカ目になれると大人気!
↓↓詳細はこちら↓↓
エマーキット